宇随天元の強さや髪を下すシーンがかっこいい!柱をやめる理由まで考察

アニメ
スポンサーリンク

ついに!鬼滅の刃のアニメ2期が2021年12月5日に放送されることが決定しましたね^^

待ち遠しいです~!

そこで、今回はアニメ2期の遊郭編で活躍する音柱の宇随天元についてまとめてみました!

天元さんの柱の中での強さやかっこいいシーンから、柱をやめる理由について考察してみたので

最後までご覧ください!

※ネタバレ含みます

スポンサーリンク

宇随天元の強さ

音柱・宇髄天元

引用: https://twitter.com

 

初めて登場した柱合会議のシーンでは「派手に○○~」といったセリフが印象的で

個性的なキャラクターが現れたな~と思いましたよね。

 

柱の中では下位といわれている

鬼殺隊最強剣士のうちの一人、音柱である宇随天元ですが、今回放送されるアニメでは遊郭編で

上弦の陸(ろく)「堕姫と妓夫太郎」と戦います

上弦の陸、妓夫太郎の毒が致命傷だったのではないかとみていて、柱である

天元でも苦戦を強いられました。

上弦の鬼とだけあって、炭治郎たちの加勢がなければ負けていたかもしれません。

 

上弦の̪肆と対等に戦っていた甘露寺蜜璃や、上弦の伍を一人で倒した時透無一郎などと

比較して強さを考察することもできますが、なにせ天元は毒をくらっているので

比べて強さが分かるものでもない気がするのですよね。

 

この遊郭での戦いでほかの柱が毒をくらっていたらどうだったのでしょうか…?

そもそも上弦の陸からでは毒をくらうまでにいかない可能性も考えられますが、堕姫と妓夫太郎

という二人で一つなところも厄介でしたね~。

 

天元は無限城での戦いには参戦していないし、痣も出ていないので

柱の中では弱いのではとみられています。

最終決戦まで参戦していたら天元に対する見方がまた違ったかもしれませんね。

 

宇随天元の呼吸や型

音の呼吸は雷の呼吸から派生してできた宇随天元の独自に編み出した呼吸です。

派手好きな天元にピッタリな呼吸ですよね。

音の呼吸の特徴は、爆発を発生させ爆音を鳴らしながらド派手に戦っていきます。

 

また、天元は聴覚が非常に優れていて、微かな音を聞くだけで敵や味方の位置を把握できます。

これは雷の呼吸の使い手である我妻善逸と同じ才能ですね。

また、相手の行動を音に変換し脳内に落とし込み、敵の癖や死角を突く譜面を脳内で作って

勝ち星を挙げてきました。

 

アニメでの効果音や映像がどんな感じになるのかワクワクしますね♪

壱ノ型「轟」とどろき

音の呼吸「轟」の画像
引用:鬼滅の刃

斬撃と爆発を使い、地面を抉るほどの威力で攻撃する技です。

 

肆ノ型「響斬無間」きょうざんむげん

音の呼吸「響斬無間」の画像
引用:鬼滅の刃

斬撃と爆発を前方広範囲に発生させ、敵の攻撃を無効化します。

 

伍ノ型「鳴弦奏々」めいげんそうそう

音の呼吸「鳴弦奏々」の画像
引用:鬼滅の刃

2本の刀を回転させ、斬撃と爆発で猛攻を仕掛ける技です。

 

宇随天元は髪を下すとかっこいい!

天元の髪を下した画像がコチラ!

引用:鬼滅の刃

 

善逸が嫉妬するほどのイケメンでした!

初めの髪を下していない時の天元はパっと見、坊主なのかと間違えてしまいそうでした(笑)

髪を下したときは驚いた人も少なくなかったのではないでしょうか。

また派手な化粧もしていない時の方がイケメンに見えますが、派手にしたい天元さんなので

化粧をしている天元さんも個性的で魅力的ですね!

 

宇随天元が柱をやめる理由

アニメではまだ放送されていませんが、天元は上弦の陸、堕姫と妓夫太郎との戦いを終えてから

柱を引退することを宣言します。

妓夫太郎との戦いで左目と左腕を失くし、今後の戦闘に立つことは不可能と

自分で判断していました。

また、雛鶴に「上弦の鬼を倒したら引退して平穏な暮らしをしましょう」と

言われていたのが一番の理由ではないかと思われます。

他の柱たちとは違い、三人のお嫁さんという守るべきものがある天元は

鬼殺隊一線から退いたのです。

大事にされているお嫁さんたちも幸せで、天元らしい判断だと思いました。

 

柱から退いた天元は完全に鬼殺隊から退いたかと言うとそうではなく、

隊士たちの訓練に精を出したり、

最終決戦では新しく鬼殺隊当主になった産屋敷輝利也の護衛を務めています。

天元の出来る範囲で鬼殺隊を全うしていました。

 

まとめ

鬼殺隊、柱の一人宇随天元についての解説でした。

アニメ2期が始まったら、天元の髪を下したシーンや戦いのシーンは

女性からの注目がますます上がりそうですね^^

ド派手な活躍を楽しみにしたいです♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました