竹内結子の家庭環境とは?実家や家族構成(父親母親)について調査

芸能
スポンサーリンク

女優の竹内結子さんが9月27日に急逝したと、信じられないニュースがありました。

30日には家族葬が行われたそうです。

たくさんの人に愛されていた竹内結子さんの家庭環境や実家の家族構成(父親母親)

について気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

竹内結子さんの家庭環境は?

 

複雑な家庭環境で育った幼少期

竹内結子さんが幼いころ両親が離婚し、父親のもとで暮らすことになります。

そんななか、父親が再婚し、継母とお姉さんが2人増えにぎやかな家族となりました。

竹内結子さんはお姉さん達とは血がつながっていなく、三女で末っ子となります。

 

私、ちょっと複雑な家庭なんで戻る場所なんてないんです。だから、この世界で絶対に頑張らなきゃいけない

と家庭環境が複雑だった事を10代の頃に語っています。

20年前の小説、『サーフ・スプラッシュ』の解説文を書いていた時に

自身の家族について語られている事も分かりました。

小説の内容と関連づけながら両親のお話をしていて、その中では

父親の連れ子だった自分を『荷物』と思っていて、

義理の母親を『父が必要とした女の人』と語っていました。

かなり複雑な思いが感じられますね。

 

そんな竹内さんは高校を卒業した頃から一人暮らしを始めます。

義理の母親や姉などとの新しい環境になじめなくて、孤独を感じていた事もありました。

辛い過去を乗り越えて、女優としての活躍は素晴らしかったです。

 

現在の家庭環境は?

竹内結子さんは2004年に中村獅童さん結婚し、二人の間には長男が誕生します。

ですがその後、中村獅童さんの浮気がきっかけで離婚します。

ご長男は竹内さんが親権を持ち、シングルマザーとして女優業を続けていました。

 

そんな中、2019年2月に同じ事務所で5歳年下の中林大樹さんと結婚します。

この時にはご長男が後押しをしての決断だったとも言われています。

自分の子供から認められた再婚

そしてお2人目となるお子さんも出産し、

長男と2人目のお子さんと旦那さんと4人で暮らしていました。

 

亡くなられる前日も家族で食事に出かけていて、家族仲も良かったはずなのですが、

どうしてこんなことが起こってしまったのか…

謎が深まるばかりです…

 

竹内結子さんの家族構成(父親母親)について

竹内結子さんの死については、「産後鬱だった」との説も出ています。

小さい赤ちゃんを両親や家族に頼らずに一人で育て続けるというのは精神的にかなり

つらい部分があると思います。

頼るところといえば実家だと思うのですが、

コロナ禍の現状もあり、竹内結子さんの場合は頼ることができていたのでしょうか…。

 

竹内結子さんの実家の家族構成は

父親、母親、姉2人、竹内結子さんの5人家族のようです。

実家ではハムカツ屋さんをされており、

収録現場に実家のハムカツを持ってきたこともあるそうです。

 

まとめ

40歳という若さで明るく天真爛漫な笑顔の裏では

周りには分からない苦悩があったのかもしれませんね…。

それでも悩んだ時には誰かに相談して自分だけで悩まないようにしたいですね。

身近に相談する人がいない場合にはいのちの電話などに相談してみてほしいです。

◆いのちの電話

ナビダイヤル 0570(783)556 午前10時~午後10時

フリーダイヤル 0120(783)556 毎日:午後4時~同9時

毎月10日:午前8時~翌日午前8時

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました