4歳児の反抗期も大変!男児の情緒不安定やたたく行為にママはどうしたらいい?

芸能
スポンサーリンク

みなさんこんにちは~

4歳児の反抗期を経験しているママ、毎日お疲れ様です!

4歳ともなると、小さかったころとは違い、幼稚園に入って一息つけるのかと

思っていたのもつかの間…

「4歳の壁」というものがあるのですよね。。

今回は、4歳男児の反抗期についてまとめてみました!

また、情緒不安定やたたく行為に対してママはどうしたらいいのか考えてみました!

スポンサーリンク

4歳児の反抗期

4歳児ともなると、自分と他人の違いが理解できるようになるようです。

2、3歳の自分のやりたいことが思うようにできないジレンマとは違い、

すべてが自分の「今」だった世界に「他人」や「過去や未来」が入ってくるので

子供自身も戸惑っていることが原因のようです。

子供の新たな発達段階に差し掛かったことで

子供のせいでもママものせいでもないことを忘れないでいてほしいです!

筆者の子は今5歳ですが、

2、3歳のころは思うようにいかないジレンマを

親である私が「○○なんだね~」と言葉で示してあげたり、気持ちを汲んであげたら

だいたいは落ち着いて、2歳のイヤイヤ期は大変!!といった

記憶がそれほどなく、何とかなっていったのですが^^;

(もちろん、わんぱくなので大変は大変だったのですが…!)

4歳児はそう簡単にはいきませんでした~。。

4歳児の反抗期~男児の情緒不安定に対して~

4歳児の心は今までにない心の変化に不安と葛藤があるそうです。

急にかんしゃくを起こしたりして、ホント手がつけられない時もありますよね~。。

そこで私が大事にしていた接し方を紹介します。

甘えたいときは甘えさせてあげる

ついつい、もう4歳なんだから、とか甘えるとわがままになるから、、と

甘えさせないようにと思ってしまう方も少なくないと思いますが、

身近な人に甘えることで得た安心感は成長していくうえで欠かせないものとなるようです。

 

我が家の場合、下の子が生まれたことにより「赤ちゃん返り」は十分覚悟していました。

なので、お兄ちゃん心をくすぐるよう、赤ちゃんに「優しいお兄ちゃんがいていいね~」

とわざとお兄ちゃんに聞こえるように言ったりしたり、

「赤ちゃん○○君のこと大好きって言ってるよ~」と伝えていました。

大人扱いしすぎない

4歳児だからこれくらいできるだろうと思い、

いざ、やらせてみたら失敗してイライラしがちですが…

やろうとしたチャレンジ精神に目を向けて認めてあげるよう見しました。

かんしゃくを起こしたときは

癇癪を起してしまう場合は子供自身も理解できていないことがあるようです。

 

「○○なのかな?」と提案してあげるのもいいと思いますが、

それでも何を言っても聞き入れてくれず、ヒートアップしてしまうことがありました…

我が家の場合は少し、安全な場所で一人にさせてあげて見守るのも一つの手でした。

時間がたってから自分で気持ちを切り替えてケロッとしていたことがよくありましたよ。

また、おんぶなどして別の場所に移動して、空間を変えてあげると

気持ちも落ち着いてくるかもしれません。

4歳児の反抗期~男児のたたく行為に対して~

すぐにたたいたり、乱暴なことで反抗してくる子は

うまく言葉で表現できるのにもかかわらず、カッとなってしまう子のかもしれませんね。

 

頭ごなしに「たたいたらダメよ!」と怒っても子供心には響かないことが多いようです。

「何でたたいてしまったの?」と理由を聞いて、

気持ちに寄り添ってあげるのがよいのではないでしょうか。

親自身が冷静になることでカッとなった気持ちをコントロールしてあげられるといいですね。

「たたくことは良くなかった」と子供自身で気づけるよう向き合ってあげましょう。

最後に

4歳児の反抗期は成長するうえで大切なプロセスなので、

親さん自身もあまりストレスをためず乗りきってほしいと思います!

 

我が家の5歳児は、2歳から年々大変さが増して4歳児がいちばん大変だった気がしています。。

5歳になった今はとても頼もしいお兄ちゃんに成長してくれました。

育児の悩みは尽きませんが、4歳児の反抗期について少しでも参考になれば幸いです^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました